カタリナマーケティングジャパン、管理部門全般を統括するスペシャリスト、CAO(最高総務責任者)として新たに高野嘉奈子が就任
2021.4.1
プレスリリース

カタリナ マーケティング ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:Brett Wayn、以下 カタリナ)はこのたび、ビジネスを加速させる強い組織づくりと継続的な事業拡大に向け総務管理部門の総責任者となるCAO(Chief Administrative Officer)として、新たに2021年4月1日付で高野嘉奈子氏が就任したことを発表いたします。

就任の背景

カタリナマーケティングジャパンは1999年の創業以来、消費者の購買データを元にパーソナライズされたマーケティング分野に力を入れ、多くの顧客に新しい価値を提供、リテール企業様、メーカーブランド企業様と強いパートナーシップを組み、大手スーパーやドラッグチェーンの購買行動データをもとに、店舗利用者の視点に立った生活用品、飲料品、食品などのマーケティング施策をご提案しています。またデジタル分野にも継続的に投資を行い、急変する店舗マーケティング市場においても効果的なデジタルソリューションをご提供しています。
カタリナではさらに今後、急速に多様化・複雑化が進むマーケットの変化の中で、新たなチャレンジと成長を加速させるための組織づくりが重要だと考えています。
このたび新たに、組織づくり、管理オペレーションの最適構築、人材マネジメントの分野に精通したスペシャリストである高野氏をCAOに迎え、多様化する価値観、異なるライフスタイルを持つ優れた人材の獲得と、最適な環境と人材投資、強い組織づくり、効率的な業務オペレーションの構築など会社の基盤となる部分に力を入れてまいります。

CAO高野嘉奈子について

アメリカン・エキスプレスを経て、AOL、Yahoo! JAPANのカスタマーサービスを運営、Yahoo! Japan在籍中、8サイト1,000人以上の運用チームの総責任者を担当。2014年からはAPAC部門のSenior Program Managerとしてメットライフの顧客サービスを再設計、その後アデコにて、アウトソーシング&ソリューション事業本部長として6,000人以上の力で300以上のプロジェクトを主導。
パーソルホールディングス株式会社では、Global OperationsのChief of Staffとして、運用、プロジェクト管理、人事、および販売を提供する14のAPAC諸国を担当。
最近では、Expedia のAPAC部門において主に日本の宿泊施設向けサービスオペレーションを率いる。筑波大学大学院(MBA)卒業、ビジネスサイエンスの研究に従事し博士候補者として同大学院に在籍。

代表取締役社長ブレットウェイン コメント

高野氏が私たちのチームに加わったことを光栄に思っています。
カタリナマーケティングでは、人材育成・人事採用に力を注いています。新たな市場ニーズに応えるため、クライアントの皆さまに、リアルタイム購買データを軸にした様々なソリューションを提案・提供し続けるための事業拡大により、より多くの人材が必要と考えています。

高野氏は、日本で最も影響力のある重要なテクノロジー企業、日本で事業を展開しているグローバル組織のサポートおよび運用機能をリードしてきた豊富な経験があります。また、市場がデジタルメディアへのリーチを拡大し、ライフスタイルや価値観が変化し続ける中、その変化を支援する共感とスキルを備えた優れた人材リーダーとして活躍いただけると考えています。